地域密着型サイクルスポーツクラブ 山口県自転車競技連盟 | ブログ
152
archive,paged,category,category-blog,category-152,paged-5,category-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-17.2,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.6,vc_responsive

ブログ

福田選手 椿が鼻HCレポート(リハビリ日記) 落車骨折してからひと月半経ちました。鎖骨はプレートでつないでるけど稼働域に制限があり、肋骨も深呼吸すると少し痛みが残る感じで、何より一時間以上のライドでは、鎖骨を中心にどんよりした痺れのような痛みが出ます。プロでもないので大人しくしとけば良いのですが、現況確認のため軽い気持ちで出走。レースは最初の登りで既に辛く集団についていくので精一杯、ダム湖を過ぎてすぐドロップし、あとは淡々と。怪我以降高強度の練習が全くできてなかったので心肺機能の衰えが顕著でした。ヒルクライムは誤魔化しがきかないですね。またコツコツ頑張ろう。それよりも下山時の、中田さん&ウキョウ一丸君のダウンヒルにびびってついて行けなかったので、まだ恐怖心が残るのか少し心配。まあ単にへたくそなんですが(笑) 高重選手 椿ヶ鼻HC レポート E3 今回はヒルクライムレースということで得意分野だったので優勝を目標にスタートした。 様子を見るために一番後ろからスタート。スタートしてすぐ最初の登りで1人逃げようとしていたので集団の前に出て様子を伺う。が、すぐに吸収。トンネルを過ぎてからの平坦区間で集団のペースがあがる。これは予想通りだったので先頭は引かずに後ろで体力を温存した。しかし、ここからが想定外で先頭集団は激坂に入ってもペースが落ちなかった。このまま行くとオーバーペースだと感じ集団には無理してついては行かず自分のペースを維持した。ただ、サイコンが起動しなくなってしまったので感覚で登るはめに。💦 それでも1人ずつ確実にオーバーテイクして行く。ゴール前で大久保さんともう1人抜かして結果8位でゴールでした。今回は優勝を狙っていただけにくやしい結果となりました。反省点として無理してでも集団について行くか、見える範囲でついて行けば良かったかなと感じました。そうすれば、展開も変わってチャンスもあったのかなと。実業団のヒルクライムレースは今までの一般のヒルクライムレースとは展開が全く違ったので良い経験になりました。...

2019/07/06~07の2日間。広島県内で開催されたJBCFサイクルロードシリーズに「山口県自転車競技連盟・GRP」の選手が参戦しましたので、各選手のレポートを掲載します。   第1回JBCF東広島サイクルロードレース [video width="848" height="480" mp4="https://team.yamaguchi-cf.com/wp-content/uploads/2019/07/video-1562381763.mp4"][/video] 西川昌宏(E1) 東広島ロード E1 アベンチャーの金田選手、デュランの皿谷選手をマークしてスタート。 序盤は人数も多くみんなフレッシュなのでポジション争いが激しい。 三周目にエンシェアの斉藤選手のアタックでペースが上がり、さらに登りでオールアウトの選手が強烈なダンシングで駆け上がっていく。マークしている二人も反応しているので、勝負所と思い、オールアウト覚悟でもがいて着く。10人ぐらいに絞られたけど、スプリント賞の後牽制が入り大きな集団に戻る。 四周目五周目は集団もコンパクトになり落ち着いており、走りやすい。散発的な動きはあるものの、有力選手が動くとみんな反応して逃げが決まらない状況。 ラスト二周に入り、登りでペースが上がりバラける。なんとか先頭グループで登り、15名程度。しかし、案の定平地向かい風で後ろとドッキング。 ラスト一周に入り、かなり消耗している状態。登りで勝負が始まるも参加できずに後退。たんたんと走って22位。 実力的には20位以内に入れるだけの力はありそうだけど、トップ10はしんどいかな、表彰台の三人とはかなり差があるなという実感です。 久々にロードの苦しみを味わえたので、次に参加予定の大分ロードではさらに味わいの深いものにするべく、2分インターバル等のトレーニングに取り組んでいきます。 真鍋英祐(E2) 東広島ロード5.5キロを5周 ローリングスタート飛び跳ねそうな、ボコンがあり、微妙な登りからスタートして、すぐにアタックがかかる2段にわけて登り毎回最後の2段目の坂からかかる、くらいつきながら下りに入って伸びるを繰り返しで、ジョジョに人数が減る感じで進む、ラスト1周で登り始め前からアタックがかかり、2人抜け出し、集団が追走吸収するかな?と思いそのまま様子見がいけなかったです。10位 大久保剛(E3) ローリングスタートのはずが位置どり合戦で落車起こりそうでビビる。 リアルスタート後植木兄貴のペースアップで最初の小さい登りで1列棒状になる(汗) その後の主な登りで人数絞りたくて先頭までペース上げて登る。 実は2段坂で2段目でキツいなと思う。 記憶が薄れてますが、2〜3週目ぐらいまでは先頭集団に残ってたと思うのですが、徐々に離され終了です。 植木康文(E3) 試走で登り区間がキツいなと思ってたので前待ち作戦。リアルスタート後、600wで踏んで右側から先頭まで脱出。そのまま先頭キープして登りに。2段に入って大久保くん、原さんを見送りながらズルズル集団後方まで。2分19秒352w その後は集団から落ちた人たちと5人くらいで回しながら完走でした。前待ちは良いのでしょうが、坂の入りで踏みすぎて失速してるなぁとデータ見て思います。登坂のペースも考えないといけないなと思います。   第2回JBCF広島クリテリウム [video width="848" height="480" mp4="https://team.yamaguchi-cf.com/wp-content/uploads/2019/07/video-1562479823.mp4"][/video]   西川昌宏(E1) 広島クリテ E1 スタートは最後尾付近から。 徐々にポジションを上げていく。 選手によってコーナーのラインが違うのか、落車が多発。 一度コーナーで横の選手とぶつかり、罵声を浴びる。オラァといわれたので、オラァとおうむ返しをしてみる。 そしてついに私にも落車の洗礼が浴びせられる。コーナーの立ち上がりでもがいたときに前の前の選手が突然の落車。前が突っ込んで私も避けきれず。 幸いダメージは少なく、車輪も振れはなくクイックが外れかけてるのと左のSTIレバーにヒビが入っている程度。ニュートラルで復帰。 皿谷選手が単独逃げで、合流したいなと思ってたので集団からのブリッジする選手にくっついてブリッジ。 しかし、集団もくる。 一つになったところでカウンターで二人。苦しいけど、集団も追いつくので足を使っているはずと思い飛び出す。 三人逃げ。 逃げる最中はずっと苦しいけど良いペース。しかし、残り6周で力つきる。私と入れ替わりでイナーメのヒゴ選手がブリッジして逃げが三人。私は集団の後方で死にかけの走り。 それでも集団の中で走っているとちょっとずつ回復するのか周りが力尽きていくのか自然とポジションが上がっていく。 ラスト一周でやけくそのアタック。思いのほかスピードがのって自分でビビる。皿谷選手が追撃してくるけど反対側で抜いてくるため付けず。勝負も脚も終わったので流して完走。34位。 勝負所の勘は当たったけど、実力が伴っていない。逃げた三人で一番私が弱かった。 やはり、インターバル練習なのか、、、 岡本順(E1) まったくお話にならないサイクリングですので、とりあえず原さんを見習ってダイエットします。 目標72kg!(現在80kg) 平井貴志(E2) 広島連戦レポート 土曜日のロードレースは登りが思ったより長く、2周で先頭から離れてしまいました。単純に登りの練習不足でした。冬場にベース作り替える予定なのでスプリント強化しつつ底上げすることにします。 日曜日のクリテリウムは脚を残しながら最後スプリント1発の作戦でしたが逃げの意志疎通が固まったこと、後ろは逃げのチームメイトがいたことにより完全に脚が止まりました。 最後エンシェアがスプリント掛けた番手から抜け出して集団の頭は取れましたが1着は取れませんでした。 クリテに関しては脚力より展開の読みが全てだった気がします。 とりあえずエキップuの監督に習った練習方法を実践してみます。 真鍋英祐(E2) 広島クリテ1.7キロを15周 試走が終わって集合したら結構後ろに並んでしまうはめになりました。いつもそんな感じです。ローリングスタート丁度その頃には、1番前に上がれたんで、思いっきりもがいて様子見で抜け出したら後ろが1人ついてきました。そのまま走ってたら、5人?までなり、その中で1人抜け出してバラバラ前2人、少し間が空き2人になってしまい、やり直そうと、後ろに下がり、そこから抜け出したグループがいたんですが、後から追いつけばいいと様子見してしまいましたが、それが、逃げ切りメンバーでした。9人の逃げ集団はあまり前を追う感じでもなく、その中でやり過ごす感じでした。...