地域密着型サイクルスポーツクラブ 山口県自転車競技連盟 | クラブ概要
15839
page-template-default,page,page-id-15839,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-17.2,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.6,vc_responsive

クラブ概要

↓ 2022年シーズンの会員募集中!!

2022年シーズン加入申込フォーム
活動の方向性 (2022年シーズンは決議された運営陣で作成予定)

山口県自転車競技連盟 地域密着型サイクルスポーツクラブ 2022 年シーズンの方向性

 

2022 年 クラブ活動目標

① クラブ会員が、向上心をもって安心して活動できる環境づくり。

レース会場や日頃の練習などで、選手にも負担してもらうことがあるが、それ以上のリターン(練習やアドバイスなど)を実施して、クラブ会員が1年活動してこのチームでよかったと思うことができるチームづくり。

② 年間通してのレース開催。

・きらら浜サイクルミーティング(練習会)の月例開催
・競輪場でのマスターズやジュニアとのトラック練習会の連携
・公道での安全な合同練習会の企画実施

③ JBCF登録クラブとしての達成目標。

JBCFクラスタE1及びF、M、JCF主催大会、JCF公認地域大会での入賞。

2022 年 JCF 及び JBCF 公認大会での活動補助規程


・優 勝 激励金(壱万円)


・3位以内入賞 当該大会の参加費全額をチーム負担


・クラブ年間 MVP 激励金(三万円)
※ 地域密着イベント部会、競技力向上部会、監督、主将の協議により決定。


・監督兼任競技者 監督兼任で参加する大会の参加費全額をチーム負担
※ ただし、参加する大会は「完走」を条件とする。


・有資格引率者日当 1大会1名のみとし、1日あたり2,000円を支給
※1 監督兼任競技者は認めない。
※2 ミーティング出席、フィード、スタート時フォローを主に担当すること。


・有資格引率者前泊費 1大会1名のみとし、上限9,000円の実費を清算
※1 監督兼任競技者は認めない。
※2 前日のミーティング出席を担当すること。


・ユニフォーム支給 当該シーズンに登録するデザインのユニフォーム(上下)1着を支給する。
・物品貸与 遠征時に、救急箱、チームボトルを貸与する。
・消耗品経費負担 熱中症対策を含めた補給を目的とする「ドリンク」の購入経費を補助する。


地域振興・競技普及に係る活動参加への補助規程


・クラブ代表が認めた活動に限り、1事業につき1名あたり2,000円を補助する。


2022 年 シーズン体制

●運営組織

代 表 棟久 明博 【山口県自転車競技連盟 専務理事】

G M 田中 謙治【山口県自転車競技連盟 理事長】

事務局長 森岡 智之 【山口県自転車競技連盟 理事】

監 事 志賀 孝治 【山口県自転車競技連盟 理事】


●部会

地域密着イベント企画部会長 棟久 明博 (JSPO 公認自転車競技コーチ4資格保有)

競技力向上部会長 杉山 文崇(JSPO公認自転車競技コーチ1資格保有)

ジュニアサイクルスポーツクラブ部会長 白川 巧(JSPO公認自転車競技コーチ3資格保有)


●JBCF登録チーム「山口県自転車競技連盟・我逢人」

代 表 棟久 明博

監 督 杉山 文崇

主 将 福田 健一


クラブ組織図
規約